方角は決まった

なんとなく一緒に

自己紹介

初めまして。(二度目)

実は数百日前に書いたものを一回消去しました。割と色々あって…。また三日坊主で続かない気しかしませんが、とりあえず書いてみようかと思います。

 

私、分析とか考察されたものが大好きなんです。特に自分の好きなものになるとなおのこと。はてなブログさん凄いですよね。Hey!Say!JUMPを自分なりに分析した記事だったり、セールスに関するグラフまで出てきたり。あと、人の話を聞くのも好きです。それこそどうしてHey!Say!JUMPにハマったのかを聞くのなんてもう好きすぎます。

なので手始めに私がHey!Say!JUMPにハマったきっかけとそのあとどうなって現在に至るかという事を書こうと思います。

 

先に言っておくと、私は自分のキャパを超えると「ヤバい、無理、しんどい、尊い」と語彙力なくなる系のオタクです(笑)。Hey!Say!JUMPを語ってくうちに語彙力が無くなってくると思います。ご了承ください。笑

 

私がHey!Say!JUMPを知ったきっかけは幼馴染からです。今でもJUMP魂に行くのは彼女と行きます。いつもありがとう。好きです(唐突)。性格こそ違えど、いつも同じものにハマってる事が多かったです。

 

当時は天てれとバレーボールにハマってました。そんな幼馴染が一言

“Hey!Say!JUMPの知念くんが可愛い”

いや、誰よそれ。知らない子だといったらバレーボールの中継で真ん中で歌ってる子だと言われました。そしてとりあえず見て欲しいと。実はこのバレーボール中継が一体いつのだったのかは覚えてないんですよね。そんなこんなで勧められたバレーの中継を見た次の日に幼馴染に言ったのは、

“その子のすぐ後ろで踊ってた子可愛い”

それだけで察したのか幼馴染はその子の名前を教えてくれました。山田涼介くんだと。そうです。これから9年近く追いかける自担です。当時はふーんくらいの反応でした。

 

その後も幼馴染はCD片手に全員の名前を教えてくれたりしました。そのかいあってか私はYour Seedの初回盤を買いました。発売されてからしばらく経ってからだと思います。古畑中学生も録画しました。ここからお察しだとは思いますが既にだいぶ山田涼介にハマってます(笑)

 

そんな中幸運が訪れました。本当にたまたまコンサートに入れることになりました。それもHey!Say!7の単独コンサート。まだ幼かった私は母親と入りました。座席ことスタンドの真ん中辺りだったものの、十分に楽しかった記憶があります。

 

もうだいぶ昔のことで細かくは覚えてないのですが、一年後くらいには出来てまだ半年程のファンクラブにも入りました。2010年のありせか魂にも行きました。その頃幼馴染は別のグループのファンになってました。まぁ出戻って2012年のコンサートには一緒に行くんですけどね(笑)

 

そして起きた忘れもしない2011年6月。森本龍太郎の脱退。当時はものすごくショックでした。その1ヶ月前にコンサートでHey!Say!JUMPとしての彼の姿を見ていました。JUMPのメンバーの中では1番年が近かった彼。10人が9人へ。これについてはまた別記事で書けたらいいなと思ってます。

 

ここからしばらくの間Hey!Say!JUMPはいわゆる不遇の時代だったと思います。この時代の最中、私に“Hey!Say!JUMPから離れたくない”と思わせた私にとって重大な出来事がありました。山田涼介が公演の終わる直前に“他のグループに行かないで”と言ったのです。これについても別記事で書きたいですね。

 

そんな約束を忠実に守り続けて2014年とある事件が起こりました。薮宏太のスキャンダルです。多分決定的な写真があそこまで流失したのは初めてだったと思います。別にメンバーに彼女がいてもなんとも思わない(むしろあんなにカッコいいのに彼女がいないのは性格に難があるんじゃないかと不安になる)のですが、いかんせん写真の生々しさがダメだった…。でもそこで私がアイドルに何を求めるのかが決まった気がしました。これについては今ではもう過去のこととして自分の中で処理されてます。

 

ただここから数年にかけて怒涛のスキャンダルラッシュ。ついには自担の山田涼介まであることないこと言われてしまうように。さすがに私もファンであることに疲れてきてしまってました。スキャンダルが出ると一時的にそのメンバーのことを受け付けなくなり、その度に山田涼介が好きなHey!Say!JUMPを好きになれない自分がいることに憤りも感じていました。

 

去年の27時間テレビが終わった後、私はHey!Say!JUMPから距離を置く決意をしました。嫌いになったのではなく前に書いた通り本当に疲れたから。多分応援することに本気になりすぎていたんだと思います。離れている間に色んな所から色んな刺激を貰いました。11月に当たってたので行ったコンサートもいい席だったにも関わらず凄くはしゃぐということは出来ませんでした。今思うと近くに来た自担の顔をよく見る事が出来たので結果オーライ(笑)

 

そしてファンクラブも更新せずに来た今年3月おわり。そろそろJUMPがなくても私は大丈夫だと思った矢先に起こった私が他に入れ込んでたグループの活動休止報告。結局根がオタクなので何かを応援してることが生きがいになりやすいんですよね。JUMPは離れ中、応援してたグループは事実上解散に近い、他のジャンルはJUMPほど入れ込めない。その時素直にJUMPに戻ればよかったものの、急成長したJUMPに戻るのには何処となくその間応援できなかった罪悪感を感じて踏み込めずにいました。

 

そんな中、自担の誕生日に発表されたツアー。久しぶりの地元開催。今までの葛藤は何だったのか(笑)、流れるように幼馴染に参戦の確認をした後に急いでファンクラブ継続手続きをしに行きました。そして現在、離れていた約半年を埋めるようにYouTubeでいたジャンを漁ったりしてます。離れる前ほどの熱量こそありませんがお金があったら円盤を買ったりするようなスタンスで応援していきたいと思ってます。コンサートには迷いなく行きますが(笑)

 

ここまで長文読んで下さりありがとうございました。

次は私から見たメンバーの印象、魅力について書いてみたいと思います。