方角は決まった

なんとなく一緒に

Hey!Say!JUMP 10周年おめでとう

一体いつの話をしているんたと言われても仕方ない。ズボラ&めんどくさがりの私に定時更新は無理でした。

いやー、めでたい!!めでたいねぇ!!本当におめでとう!!そしてありがとう!

おめでとうという気持ちもありますが、私はありがとうの気持ちがとても大きいです。ここまで嬉しい事ばかりではなかったはずです。それでも苦しんでもJUMPを続けてくれたことに感謝しかありません。途中で辞めることもできたと思います。その選択をしなかった、選ばなかったことに最大級の賛辞を送りたいです。

いつまで経っても成長しないファンにウザいと思ったこともきっとあったでしょう。私はあります、いい加減成長したらどうなのって現在進行形で思ってます。いちファンで思うのだからJUMPはもっと思ってるんじゃないかと勝手に考えてます。本気でそう思ってないのならJUMPは天使なのかもしれない。いや天使なんですけどね。それを表には出さずにいつも寄り添って、想って、考えて、感謝してくれるのは本当にありがたいし、嬉しいです。

これからJUMPが歩んでいく道はどんなものになるんだろうとふと考える時があります。時代の進化でCDの売り上げを伸ばすのには難しい時代が加速していくかもしれません。同じようにテレビの視聴率を取るのも大変かもしれません。タレントが飽和状態で突出して売れることも厳しいかもしれません。それでもJUMPはJUMPらしく、背伸びして無理しようとせず、オンリーワンの道を自分達のペースで、手を繋いで横並びで進んでくれたら私は幸せです。苦しそうで精神的に参ってるJUMPは見たくない、そんな過保護でモンペなJUMP担ですが、出来る限りその道のりを見守っていきたいと思います。

でっかい花火を打ち上げる日はきっと来ると思います。その日を楽しみにしています。

 

JUMPの未来に幸あれ。