方角は決まった

なんとなく一緒に

当たり前だけど改めて

こんばんは。ついに始まった3大ドームツアー。早速セトリのネタバレをみて悔し涙を流しているつゆです。事情があって見れなかったコンサートの演出がふんだんに詰め込まれている…また私は見れないのか…と割と凹んでいます。笑

 

それはさておき、たまにふと思うこと。

知念くんのダンス目を持っていかれる問題

私、超自担贔屓なのでダンスは山田くんのが一番好きです。かっこいいわーキレッキレだわーイケメンしんどー。と独り言を呟きながら何度もリピートすることもしばしば。ピンポイントでここがいい!!!!と思うところもかなりあります。最新ですとWhite Loveのサビ、“君が欲しいよ”の指を左右に動かす振りが大好きです。妙にセクシーなんですよ。山田くんありがとう最高です。

他のメンバーでもあるのですが、結構多いのが知念くん。メンバーからは『オリジナルに近い』といった声も出る彼のダンス。私はダンスに関してど素人もいいところ。さっぱり分からないです。何となく一番ムダがないと感じます。うーん違うな、クセがない?すっきりとしていて見やすい印象を受けました。ただ、あ〜ここ最高!!いいっ!!!となるのはまるで

ボクってかわいいでしょ?

と聞こえてくるかのような仕草が混ざった時。

例えば2015年のJUMPing CARnival、成人男性4人が動物になりきって歌うという前代未聞の演出にも関わらず、余りの可愛さに会場が悲鳴で埋め尽くされ、他グループのファンまで騒然とさせた伝説のペットショップラブモーション、通称ペトラ。かわいいの全盛期だった伊野尾くんが猫になって、へらりと笑いながら歌うというかわいいの大渋滞が起きまくっているのもいいですが、私は知念くんを推します。念のため言っておくと伊野尾くんは今でももちろん可愛いです。途中でメンバーがセンターステージに座るのですが、みんなが“よいしょ”と腰掛ける中(裕翔くんだけは“よっ”て感じで飛び乗ってた)、知念くんはひとり“ぴょこんっ”と無邪気に飛び乗ってました。

何これかわいい。

更に変わって2016年DEAR.、スタンドマイクにタンバリンという一瞬お遊戯会が頭によぎった演出のWe are 男の子!。メンバーが一列になってタンバリンを叩く所の、左のメンバーの腰で2回→正面で軽く2回振る→右のメンバーの腰で2回→正面で軽く2回振るという振り付け。他のメンバーはただ左→正面→右→正面と動く中、知念くんだけは軽くぴょこぴょこと飛びながらこの動作をしています。

何これかわいい。(2回目)

果たして知念くんはこれが可愛く見えると意識しているのか、はたまたアレンジを加えていたら無意識でああなったのか。真相は分かりませんがどっちにしろ可愛いことに変わりはないので結果オーライ。

つまり、知念くんがかわいい。

それだけの話でした。それでは。